教員紹介:藤井 慶輔(ふじい けいすけ)

研究内容

 ヒトの身体運動などの複雑な時系列データを用いて、 これまで未解明であった規則を発見することや、その中心的手法としての機械学習などの情報処理技術に興味を持っています。 近年、計測技術の発展により、様々な生物や人工物の動きを正確に記録することが可能になりました。そのため、実際に行われたスポーツの身体運動データなどから、ヒトの巧みな動きや柔軟なチームワーク、あるいはヒトを含む生物の行動規則を明らかにすることや、それらの応用技術が期待されています。

 私たちはこれまで、実際に行われたスポーツの身体運動データを用いて、ヒトの巧みな動きや柔軟なチームワークなどをモデル化・評価・理解する研究を行ってきました。しかし、特に予測が難しい状況に対応するような行動に関して未解明な点が多く残されています。特に、計算生物学的なアプローチであるルールに基づくモデリングは、実環境の複雑な運動の場合、協力、逃避、闘争などの複雑な相互作用の明示的なモデルを作ることが難しい場合があります。言い換えれば、理論上の(ルールに基づく)モデルと実環境の生物の行動の間にはギャップがあります。

 機械学習を用いたデータ駆動的モデリングでは、データからパラメータや規則を推定することでこの問題を解決できる可能性があります。このようなアプローチを用いて、ヒトを含む生物の新たな行動規則を発見することや、様々な人が便利に使える情報基盤技術の開発を目指しています。

略歴

  • 1986年 大阪生まれ
  • 2009年 京都大学 総合人間学部 卒業 
  • 2011年   京都大学大学院 人間・環境学研究科  博士前期課程修了 
  • 2014年    同研究科  博士後期課程修了 博士(人間・環境学)(特別研究員DC1)
  • 2014年 名古屋大学 総合保健体育科学センター 日本学術振興会  特別研究員PD
  • 2017年 理化学研究所 革新知能統合研究センター 研究員
  • 2019年 名古屋大学大学院 情報学研究科 助教

その他の情報

個人HP: https://sites.google.com/site/keisuke198619jp/

知能システム専攻教員紹介, 知能システム学専攻

Posted by fujii@i.nagoya-u.ac.jp