情報基盤センター, 情報システム学専攻, 知能システム学専攻機械学習, スーパーコンピュータ, 情報基盤センター, 情報システム学専攻, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

名古屋大学情報基盤センター センター長
名古屋大学大学院情報学研究科知能システム学専攻 教授
森 健策

1.はじめに

 名古屋大学情報基盤センターでは、2020年7月1日から、新しいスーパーコンピュータシステ ...

知能システム学専攻自然言語処理, 自然言語処理特集, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

名古屋大学大学院情報学研究科には,自然言語処理分野の研究室が多く,その内容もテキストの処理のみではなく実社会のデータやその他のさまざまな情報と組み合わせるなど多岐に及んでいます.本ミニ特集では,情報学研究科における自然言語処理分野の研 ...

知能システム学専攻自然言語処理, データ科学, 自然言語処理特集, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

はじめに

オープンサイエンスは、あらゆる研究分野に関わる学際的活動であり、その推進において情報学の技術や技法の活用が求められてます。本稿では、我々、名古屋大学大学院情報学研究科松原研究室にて取り組む、オープンサイエンス推進の現状とその深 ...

知能システム学専攻自然言語処理, 自然言語処理特集, 知能システム学専攻, 価値創造研究センター

はじめに

情報学の多くの分野と同じく、自然言語処理分野においても近年ニューラルネットに基づく様々な手法が開発され、既存のタスクの精度が大幅に向上したり、従来の技術では難しいとされていたシステムが実現したりしています。その中でも、単語の埋 ...

知能システム学専攻自然言語処理, 法制執務支援, 法情報処理, 自然言語処理特集, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

はじめに

情報学で研究される技術を現実社会に適用し,今までにない新たな価値や仕組みを作ることをX-Tech(クロステック)呼びます.その中でも,法律に情報学の技術を適用することをLegalTech(リーガルテック)と呼びます.我々,名古 ...

知能システム学専攻自然言語処理, 法制執務支援, 法情報処理, 自然言語処理特集, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

自然言語処理

CやPythonなどのプログラミング言語を「人工言語」と呼ぶのに対して、我々が日常で使用する日本語や英語のことを「自然言語」と呼びます。そうした「自然言語」をコンピュータで処理することを「自然言語処理」と呼びます。我々、名 ...

知能システム学専攻自然言語処理, 対話システム, 自然言語処理特集, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

はじめに

スマートフォン上の音声インタフェースやAIスピーカー,ペッパーなどのコミュニケーションロボットなどが身の周りに出現してきています.これらのシステムは言葉でやり取りが可能です.そのようなシステムのことを対話システムと呼びます . ...

知能システム学専攻教員紹介, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

研究内容

私の(というか長尾研究室の)研究テーマは以下の3つに大きく分かれています。

VR(仮想現実)関連研究

VR関連研究の一つとして、ビルディングスケールVRという現実の屋内全域を仮想空間に変換し、日常環境を拡張して、さま ...

知能システム学専攻教員紹介, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科

研究紹介

私たちは、画像処理、コンピュータビジョン、コンピ ュ ー タ グ ラ フ ィッ ク ス 、バ ー チ ャ ル リ ア リ テ ィ な どメディア処理の中でも画像を中心とした研究を行っています。特に、2次元画像(皆さんが普段取り ...

知能システム学専攻教員紹介, 知能システム学専攻, コンピュータ科学科, 知能システム系

研究内容

オープンデータ化の潮流から,様々な機関がデータを公開する流れが出てきている.オープンデータの活用には,それぞれを個別に活用するだけでなく,相互に情報を補うことでより高度・精細な活用が可能となる.一方で,データを公開する機関はそ ...