数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系

研究内容

公理的集合論を専門にしています。19世紀の終わり頃、ドイツの数学者カントルは「個数」概念の拡張として、集合の「濃度」の概念を導入しました。二つの集合は、その間に1対1の対応があるとき、等しい「濃度」を持つ、と定義したのです。彼 ...

数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系, 組合せ最適化, アルゴリズム

研究内容

グラフアルゴリズムの研究を専門としており,その中でも木幅などの指標を用いた手法を主に扱っています.グラフは,頂点と呼ばれるものの集合と,頂点同士の関係を表す辺の集合で表されます.多くの応用上の問題がグラフでモデル化できることが ...

数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系

研究内容

数論、特に類数に関心を持っています。『類数とは?』を簡単に説明する事は難しいですが、日常生活においても、数を素因数分解してから考えると非常にエレガンな答えが得られる場合があります。そして、その答えを良く考えてみると、分解の一意 ...

数理情報学専攻学会発表, 海外渡航, 海外派遣助成, 数理情報学専攻

*この記事は前井康秀さん(当時M2)による 2019年11月に書かれた の記事を指導教員である小野廣隆が編集して載せたものです.以下の記事にある,前井さんのイタリアでの学会発表は名古屋大学情報学研究科の博士前期課程学生海外派遣助成を利 ...

数理情報学専攻研究アクティビティ, 研究グループ紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系, 組合せ最適化, アルゴリズム

「寄りたいお店が10箇所位あるが時間がないから5箇所位しか寄れない.どれに行こう?」とか「今いる所から目的地に最も早く着くにはどうしたらよいだろう?」ということを考える機会がときどきあると思います.このように最も良い方策を見つける問題 ...

数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系, 組合せ最適化, アルゴリズム

研究内容

「今いる所から目的地までの最も短いルートはどれだろう」ということを考える機会がときどきあると思います.このように最も良い方策を見つける問題を一般に最適化問題と呼びます.このような最適化問題の中でもとくに組合せ的な構造を持つ組合 ...