複雑系科学専攻人工生命, 教員紹介, 著作物紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

私の研究をひとことで言えば人工生命ですが,わかりやすく言うと「びっくり=創発」の探求です.生命のダイナミックな本質である創発性を「創って理解する」という構成的手法で解き明かします.創発、つまり「単純なモノの相互作用による複雑で ...

複雑系科学専攻教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

l流体の流れや、人、物の流れについて、適切なモデルを作り、コンピュータを用いて予測した上で、分かりやすく可視化するための研究を行っています。気象に代表される流動現象は、蝶々が飛んだだけでも明日の天気が変わるといわれるほど複雑な ...

複雑系科学専攻分子シミュレーション, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

デバイスやシステムあるいはその構成要素について、サイズを目で見えるマクロケールから顕微鏡などでしか見えないマイクロ・ナノスケールまでに小さくすと、省エネだけでなく、“不可能”な機能・性能を“可能”にすることもできるのです。それ ...

複雑系科学専攻創発システム論講座, 人工生命, 進化, 仮想生物, 鳥の歌, 協力行動, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

 バーチャルな物理空間で生物の形と動きを進化させる,スマートスピーカの技術を活用して鳥の歌に潜む相互作用を解明する,何万もの仮想エージェントを動かしてSNS社会での人付き合いの変化を明らかにする.一見すると互いに関係なさそうな ...

複雑系科学専攻生命情報論講座, バイオインフォマティクス, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科

研究内容

DNAに刻み込まれた生命情報は、タンパク質の配列、タンパク質の立体構造、分子機能、細胞機能と形態を変えながら伝播し、最終的には個体という表現型を実現させます。生命情報が個々のステージでどのように発現しているのか 、また形態変換 ...

複雑系科学専攻教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

モデリングと最適化の数理:自然界や人工物には現象との関わりでいろいろなかたちが作り出されています。固体の変形や流体や電磁気の場など我々の身のまわりにあるマクロな現象の多くは偏微分方程式でモデル化することができます。私の研究は、 ...

複雑系科学専攻分子生物学, 生物リズム, ゲノム, 進化, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

私たちのラボでは、生き物が環境に適応するための仕組みを研究しています。例えば生物時計。この時計は、細胞内にある約24時間周期の振動装置で、ヒトの睡眠・覚醒から植物の光合成や開花まで、様々な生命プロセスのタイミングを支配していま ...

複雑系科学専攻多自由度システム情報論講座, 機械学習, 自然言語処理, 受賞報告, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

*この記事は高橋寛武さん(情報学部自然情報学科4年)が、2020年8月3日に名古屋大学・教育記者会との定例懇談会で行った報告の原稿とスライドの一部を、指導教員である時田恵一郎が編集して掲載するものです。情報学部1期生による世界的な予測 ...

複雑系科学専攻創発システム論講座, コロナ特集, 人工知能(AI), 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

はじめに

新型コロナウィルスという不幸が人類に与えたインパクトはとてつもなく大きい.試しに,「新型コロナの前と後で X の意味合いは変わってしまった!」という一文の X のところにいろいろ入れてみよう.驚くほどたくさんの言葉がしっくりと ...

未分類コロナ特集, 生命情報論講座, 分子生物学, バイオインフォマティクス, 自然情報学会, 複雑系科学専攻, 複雑システム系

今日は分子生物学が専門の青木摂之さん(実験する人:以下A)にバイオインフォマティクスを専門とする太田元規(実験しない人:以下O)が質問する形で,新型コロナの検査に用いられるPCR法について紹介したいと思います.

O:&nb ...