数理情報学専攻量子計算, 計算量理論, 量子情報, 教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系

研究内容

専門は量子計算です.量子計算とは原子などミクロな物理系が従う力学である量子力学を基にコンピュータ(量子コンピュータ)を構成し,それによって計算しようという斬新な発想です.量子コンピュータを使うと従来のコンピュータでは現実的な時 ...

数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系

研究内容

公理的集合論を専門にしています。19世紀の終わり頃、ドイツの数学者カントルは「個数」概念の拡張として、集合の「濃度」の概念を導入しました。二つの集合は、その間に1対1の対応があるとき、等しい「濃度」を持つ、と定義したのです。彼 ...

数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系, 組合せ最適化, アルゴリズム

研究内容

グラフアルゴリズムの研究を専門としており,その中でも木幅などの指標を用いた手法を主に扱っています.グラフは,頂点と呼ばれるものの集合と,頂点同士の関係を表す辺の集合で表されます.多くの応用上の問題がグラフでモデル化できることが ...

数理情報学専攻教員紹介, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系

研究内容

数論、特に類数に関心を持っています。『類数とは?』を簡単に説明する事は難しいですが、日常生活においても、数を素因数分解してから考えると非常にエレガンな答えが得られる場合があります。そして、その答えを良く考えてみると、分解の一意 ...

心理・認知科学専攻コロナ特集, 社会心理学, 社会的公正, 偏見, 道徳意識, 人間・社会情報学科, 心理・認知科学系

人間は一般に、予期しなかったこと、不思議なこと、そして自分たちに重大な意味をもつ事がらを目にすると、それが「なぜ起こったのか」を知ろうとします。原因が説明できると、将来また同じことが起こりそうかどうかを予測したり、対処するための準備が ...

社会情報学専攻, グローバルメディア研究センターコロナ特集, 電子社会, ICT応用, 社会情報学専攻, 人間・社会情報学科, 社会情報系

はじめに

新型コロナウィルス感染症(以下、新型コロナ)が昨年末に発生し、世界各地に広まるなか、2020年は世界的な大災害に見舞われた年であるといっても過言ではありません。各国における新型コロナへの対応はまちまちで、感染状況の把握と分析が ...

複雑系科学専攻多自由度システム情報論講座, 機械学習, 自然言語処理, 受賞報告, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

*この記事は高橋寛武さん(情報学部自然情報学科4年)が、2020年8月3日に名古屋大学・教育記者会との定例懇談会で行った報告の原稿とスライドの一部を、指導教員である時田恵一郎が編集して掲載するものです。情報学部1期生による世界的な予測 ...

数理情報学専攻, 複雑系科学専攻, 社会情報学専攻, 心理・認知科学専攻, 情報システム学専攻, 知能システム学専攻, 価値創造研究センター, 組込みシステム研究センター, グローバルメディア研究センター, 学部担当教員コロナ特集

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大という悲劇を我々はいかに乗り越え,いかなる未来を展望し,設計していくべきなのでしょうか?

名古屋大学情報学部・大学院情報学研究科に属する教員や学生からの情報発信を目的とする「情報玉手箱」 ...

情報システム学専攻コロナ特集, オンライン講義, ソフトウェア

みなさん、こんにちは。情報システム学専攻の酒井です。2020年8月にこの文章を書いてます。大学教員は皆そうだと思うんですけど、この春は対面の授業ができなくてオンライン教材の作成に追われたんじゃないかと思います。紆余曲折を経て、PDFス ...

複雑系科学専攻創発システム論講座, コロナ特集, 人工知能(AI), 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

はじめに

新型コロナウィルスという不幸が人類に与えたインパクトはとてつもなく大きい.試しに,「新型コロナの前と後で X の意味合いは変わってしまった!」という一文の X のところにいろいろ入れてみよう.驚くほどたくさんの言葉がしっくりと ...