複雑系科学専攻複雑系計算論講座, 感性・触覚情報学, 触譜, 触覚学, ナチュラルコンピューティング, 自然計算, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

感性・触覚情報学:これまでの情報技術・人工知能では論理やデータをもとにした論理的な知性,人間の脳にたとえるとしたら「左脳」,をつくってきました.わたしは感性をつかさどる「右脳」にあたる部分に興味をもっています.“文字や数字”は ...

複雑系科学専攻複雑系計算論講座, 触覚ロボット, 触覚のVR, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

人間は、五感を通じて、映像、音声、におい、味、触り心地などの情報を獲得しています。私たちの研究室では、五感のうち特に触覚と視覚を取り上げて、人間の感覚知覚の仕組みを解明するとともに、その研究の過程で得られた知見をロボットの制御 ...

複雑系科学専攻教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

量子化学の計算を行えば、コンピュータ上で分子の構造を調べることができる。また同時にえられる分子の中の電子の振る舞いから、その分子の性質を知ることもできる。このような計算手法を使って、実験だけでは知ることが難しい反応途中の分子の ...

複雑系科学専攻人工生命, 教員紹介, 著作物紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

私の研究をひとことで言えば人工生命ですが,わかりやすく言うと「びっくり=創発」の探求です.生命のダイナミックな本質である創発性を「創って理解する」という構成的手法で解き明かします.創発、つまり「単純なモノの相互作用による複雑で ...

複雑系科学専攻教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

l流体の流れや、人、物の流れについて、適切なモデルを作り、コンピュータを用いて予測した上で、分かりやすく可視化するための研究を行っています。気象に代表される流動現象は、蝶々が飛んだだけでも明日の天気が変わるといわれるほど複雑な ...

複雑系科学専攻分子シミュレーション, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

デバイスやシステムあるいはその構成要素について、サイズを目で見えるマクロケールから顕微鏡などでしか見えないマイクロ・ナノスケールまでに小さくすと、省エネだけでなく、“不可能”な機能・性能を“可能”にすることもできるのです。それ ...

複雑系科学専攻創発システム論講座, 人工生命, 進化, 仮想生物, 鳥の歌, 協力行動, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

 バーチャルな物理空間で生物の形と動きを進化させる,スマートスピーカの技術を活用して鳥の歌に潜む相互作用を解明する,何万もの仮想エージェントを動かしてSNS社会での人付き合いの変化を明らかにする.一見すると互いに関係なさそうな ...

複雑系科学専攻生命情報論講座, バイオインフォマティクス, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科

研究内容

DNAに刻み込まれた生命情報は、タンパク質の配列、タンパク質の立体構造、分子機能、細胞機能と形態を変えながら伝播し、最終的には個体という表現型を実現させます。生命情報が個々のステージでどのように発現しているのか 、また形態変換 ...

複雑系科学専攻分子生物学, 生物リズム, ゲノム, 進化, 教員紹介, 複雑系科学専攻, 自然情報学科, 複雑システム系

研究内容

私たちのラボでは、生き物が環境に適応するための仕組みを研究しています。例えば生物時計。この時計は、細胞内にある約24時間周期の振動装置で、ヒトの睡眠・覚醒から植物の光合成や開花まで、様々な生命プロセスのタイミングを支配していま ...

数理情報学専攻研究アクティビティ, メタヒューリスティクス, 数理情報学専攻, 自然情報学科, 数理情報系, 組合せ最適化, アルゴリズム

組合せ最適化問題と近似解法

組合せ最適化問題は、スケジューリングやネットワーク関連の最適化問題など、情報学・工学における基礎的な問題から実用的な応用問題にいたるまで、幅広い多くの重要な問題を含み、これらに対するアルゴリズムの設計・開発の ...